中東の国々の中でも特に、日本からの知名度が高い国としてはサウジアラビアが挙げられます。
この国は主に、石油の輸出国として有名な国であると共に、サッカーで私たち日本人の知名度を上げたのではないでしょうか。都市部は様々な高層ビルやイルミネーションなどが華やかに彩り、少し離れると様々な砂漠なども同時に楽しむことが出来る様になっているということから、サウジアラビアは都心も砂漠リゾートもアクティビティも、観光地としては様々な角度から楽しめ、おすすめの場所の種類も豊富という事がお分かりだと思います。

特に旅行者が数多く訪れる場所としては、昼間であれば他の国では滅多に見ることができない油田やその周辺にある砂漠などです。
昼間は自然を楽しむことができるものの、夜間は自然を楽しむことが難しい地域であるということから、繁華街を中心として高層ビルなどから美しい夜景を楽しむといった過ごし方が人気です。
特に、夜間は他の国では楽しむことが出来ない様なイルミネーションはもちろんのこと、油田の灯りなども見ることが可能です。
そのために、この地域を旅行する時には事前に旅行会社などと打ち合わせを行って、おすすめのビューポイントを聞いておくことが良いと言われています。

そうすることで、おすすめの場所を限られた時間の中でくまなく楽しむことが出来る様になっています。
また、サウジアラビアは都市部であれば、交通機関なども整っている国であるため移動手段も困る事はないでしょう。

3
画像参照:Charles Roffey